高校時代の部活での顧問について

高校時代、私は陸上競技部に所属し長距離を専門としていました。顧問の先生は、とても面白くいい先生でしたが1つだけ面倒なことがありました。

先生は髪の毛が薄く(悪い言い方をするとハゲ)、そのことを大変気にしていました。普段は温厚な先生なのに頭のことを言われると血相を変えて怒ることがよくありました。しかしそれは明らかに頭のことをからかっているというものではなく、自身の思い込みによる被害妄想ということがほとんどなので、なぜそこまで怒るのかとびっくりしてしまいます。私もこのことで一度ひどく叱られたことがあります。

部活終了後、同じ部活の友人と話していた時です。友人が新しい靴を買ったので、その靴の感想を尋ねました。友人は「この靴、ツルツル滑って少し走りにくい。」と答えたのです。するとそれを聞いた顧問の先生は「ツルツルとか、俺の頭をバカにしてるのか?お前(私)もわざわざ俺の前でそんな質問して、バカにしてるのか?」と怒り出してしまったのです。すぐに謝罪して事なきを得ましたが、びっくりしました。

ハゲをばかにしようとは全く思っていないのになぜここまで気にするのかと未だに疑問です。この経験で先生の前では頭の話をしたり、ツルツル、ピカピカといった言葉を二度と言わないように気を付けて卒業まで過ごしました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です