映画部の撮影で色んな場所まで遠出したのが良い思い出

私は高校時代、映画部に所属していました。
映画部の活動は映画撮影がメインだったのですが、撮影の為に色んな場所へ出掛けたんですよね。
特に印象深いのが高校1年の夏休みです。
部員は3年生と1年生で、2年生はいませんでした。
進学校だったこともあり夏休み前に3年生の先輩は引退し、先輩は誰もいなくなりました。
1年生の部員は全員同級生ばかりでしたので、気遣いせずに過ごせたんですよね。
こういう状況だったので、自分達の行きたい所まで出掛けて撮影をしました。

今でも覚えてるのは人生初の海と観光名所のお城(現在は世界遺産に登録されてる)まで撮影にいった時です。
私の住んでる地域は内陸部だったので、海まで行ったことありませんでした。
私が海へ行ったことないな~と他の部員に話すと、ならば海だ!この場面は海で撮影しよう!と次の行き先は決定。
撮影日までにみんなで水着を買いに行き、海で遊んだ・・・いえ撮影したのは良い思い出でした。
残念ながら女性メンバーは一人もいない暑苦しいものでしたけどね。

地元から100kmほど離れた観光名所のお城まで行ったのも良い思い出です。
現在は世界遺産に登録されてますし、その美しさと大きさにはビックリしました。
天守閣まで行こうと思ったら行列が出来ていて2時間待ち。
しかも天守閣までの移動はかなり時間かかるらしく、中では1時間半ぐらいかかると案内されてました。
この待ち時間内にお城の城下町で土産物を物色したり、二の丸で撮影をして過ごしました。
その後天守閣から見る風景は物凄く素敵。
遠出して暑い中待った甲斐があった!と感激したものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です