青春時代の部活の思い出

私は中学生の時卓球部でした。小学生まではバレーボールをしていたのですが、私が通っていた中学校のバレーボール部はとても厳しいことで有名だったので入部しませんでした。

本当はバスケットボール部に入りたかったのですが、私の中学校にはなかったので入部出来ませんでした。そんな中、程よく体を動かせそうであんまり厳しくもなさそうというやる気のない理由で入部したのが卓球部でした。

今でこそ卓球はメジャーなスポーツになってきつつありますが、私が入部した頃は暗いイメージがありました。しかし、私の世代はなぜかかわいい子が多く、華やかな部活でした。

最初はなんとなくしていた卓球でしたが、徐々に面白くなってきました。そして初めての大会。当時中学校1年生だった私は個人戦で3年生と当たりぼろ負け。試合終了後は自分でもびっくりするくらい涙が出てきました。

それからは少しでも上手くなりたいという思いが生まれ、気合を入れて練習を行うようになりました。それと同時に自宅でも素振りをしたり、筋トレをしたりするようになりました。そして中学3年生の春、念願叶って九州大会に出場することが出来ました。個人戦も団体戦でも1回戦で負けてしまったのですが、私にとっては努力して勝ち取った素敵な思い出です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です